広済寺ホームページ :

仏教  | 法華仏教  | 広済寺  | 近松門左衛門  | 檀信徒情報  | ダウンロード  | リンク

現在地 :

トップページ >  近松門左衛門 > 出生地 >  諸説
前へ

メニュー :

諸説 | 長州説

次へ

近松門左衛門

出生地 諸説

 


近松門左衛門出生地 各説一覧 並びに 説を主張する近世文献

〜 以下の出世地説はここにあげた資料の年代順に並べた 〜

京都説

『竹豊故事 下』 宝暦六年(1756)

元来は京都の産で、さる堂上の御家に仕へ、本姓は杉森氏で由緒正しい人であるが、浪人となった浄瑠璃を産業とした人は近松に始まり、博学碩才でしかも当世の人気を察して、世間の世話をよく呑み込み、百余番の浄瑠璃を作った。その文句は玄妙不思議を綴る

『音曲道智編 二』 明和(1764-71)頃

 始め堂上方に仕官した後、近江の近松寺に遊んだのでこの苗字を使った

近江国説

『浄瑠璃譜 上』 寛政(1789-1800)頃

名人の作者近松は出生は近江国、高観音近松寺御坊で出家を嫌い、京都で暮らしていた

備前唐津説

『戯財録』 享和元年(1801)

 備前唐津近松禅寺小僧。名前は古潤。碩学により住僧となり、義門と改めた。
 やがて、修行行脚をして、内縁の弟である医師の岡本一抱子が京都にいたので寄宿し還俗。浄瑠璃作家となった。

越前説

『羇旅漫録』 享和二年(1802)
『卯花園漫録』 文化6年(1809)
『嬉遊笑覧 六 上』 文政十年(1830)

三河説

『羇旅漫録』 享和二年(1802) ?
『卯花園漫録』 文化6年(1809)?

北越説

『嗚呼矣草 五』 文化二年(1805)

長州萩説

『摂陽奇観 四九』
  ※ 浜松歌国(はままつ うたくに 1776〜1827)の著作。
『柳庵随筆 八下』 文政三年(1806)
『浄瑠璃体系図』 天保十三年(1842)

雲州近松村説

『続新選和漢書画一覧』 文政五年(1825)
『新選和漢書画一覧』 天保六年(1835)
『古今墨跡鑑定便覧』 安政二年(1855)

Counter since 2001.07.23